心因性の神経性頻尿とは

ストレスや不安など心因性のものによって頻尿が起きる場合があります。
これを神経性頻尿と呼んでします。
神経性頻尿の特徴としては、寝ている間の頻尿である夜間頻尿が起きないこと、
リラックスしている状態では頻尿が起こらないことなどがあります。
例えば重要な会議や面接や大勢の前で話す時など緊張する場面が頻尿になりやすいです。
それが終われば緊張感から解放されて、頻尿は収まります。
このように心理的な要素やストレスなどが頻尿の原因となることがあるのです。
このように神経性の頻尿は一過性で終わることが殆どです。
また、何かしらの大きなストレスなど、心理的なものから、その後も続いてしまうこともあります。
神経性頻尿かそれ以外の原因による頻尿なのか判断すが、リラックスした状態や就寝時の頻尿が無ければ神経性頻尿と判断ができます。
神経性頻尿であれば、まずそれを自覚して排尿を気にし過ぎないことが最大の対策になります。

夜間頻尿に効くサプリはどれ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です